HOME>トピックス>歯並びの悪さは矯正治療で治せる!【マウスピース矯正の治療法】

歯並びの悪さは矯正治療で治せる!【マウスピース矯正の治療法】

マウスピース矯正なら食事中に矯正器具が外せる

きれいな笑顔にするためにはホワイトニングで白い歯にすることも大切ですが、歯並びをきれいにした方が効果的です。でも矯正器具をつけると、一定期間取り外すことができないので、食事中もつけておくことになります。それが気になる人におすすめなのがマウスピース矯正です。取り外し可能なので、食事の時に違和感を感じることがありません。

インビザラインは透明なマウスピースなので目立たない

マウスピース矯正でも装着している時しか効果がないため、できる限りつけておく必要があります。でも、つけている所を見られるのがはずかしくて心配という方は、インビザラインがおすすめです。透明度の高いマウスピース矯正なので、装着していても見えにくく、ほとんどわかりません。仕事上、顧客と接するような人は、目立たない上にこまめに取り外すことができるので便利です。

マウスピース矯正は痛みが少ないので安心

表側に金属性の器具を取り付ける矯正ではワイヤーの締め付けによって調整します。そのため部分的に常に締め付けられている感覚があります。マウスピース矯正は、樹脂製の型で上顎の歯全体を包み込むように装着します。歯一つ一つに無理な力がかからないから痛みが少なく安心です。また、金属製の器具がないため口の中を傷つけるような心配もありません。

マウスピースをこまめに交換することで歯並びを整える

ワイヤーブラケット式と言われる歯の表面に金属部品を取り付ける方法では、変わっていく歯並びに対応するためにこまめな調整や付け直しが必要になります。マウスピース矯正なら新しいものに交換するだけで即時に新しい矯正を始めることができます。だいたい10日から2週間で新しいものに交換して矯正します。

一般的な表側矯正とインビザラインの主な違い

衛生面でも安心

ワイヤーなどの金属部品を使う表側矯正では、取り外すことができないので食事もそのままです。歯の隙間はもちろんのこと器具の間にも食べかすが残ることもあります。歯磨きをしっかりしたつもりでも細かな部分に残っているなど衛生面で不安が残ります。マウスピース矯正なら、食事の時に外して、歯磨きが終了してからつければ汚れが残らずに安心です。

金属アレルギーでも安心

矯正の器具は強度が必要なため金属でできているものがほとんどです。生体への適合性を確認されている材料で作られていますが、金属アレルギーのある人は不安を抱えるケースも多いです。マウスピース矯正なら樹脂でできているので、アレルギーを起こす心配がなく安心です。

歯並びの症例についても知識を深めておく

歯並びが悪いと一言で言ってもいろいろな種類があります。上突咬合や下突咬合などの上下どちらかの歯が前にせり出している症状や歯並びが均一でないもの、口が完全に閉じないこともあります。歯並びの悪さは顔の形にも影響します。生まれつきだと思って諦めていた表情のトラブルが、歯並びが原因だったということもあります。

一般的な歯並びの症例の種類を確認

上突咬合

一般的には出っ歯と呼ばれるものが上突咬合です。上の前歯が異常に前に突き出していることからそう呼ばれています。出っ張った歯が邪魔になって上唇が閉じないこともあり、口が乾燥したり、話している時に唾が飛ぶことがあり気になります。

下突咬合

理想的な噛み合わせは下の歯に上の歯がかぶさるような位置にあります。受け口は下突咬合と言って、下顎の歯が上顎と同じぐらいかそれ以上に前にせり出ている状態です。顎全体が前に出ているため、見た目にしゃくれているように見られることもあります。喋り方にも影響することもあります。

叢生

八重歯や乱杭歯など歯の位置が均一でない状態です。歯がねじれて重なることもあり、噛み合わせが悪く、均等な力がかからないことで頭痛などの症状を引き起こします。歯並びが悪いと言われるのは叢生になっているからで、歯の表面が均一でないことから笑顔が美しく見えないこともあります。

開咬合(オープンバイト)

歯並びが悪くて上下の歯が完全に?み合うことができないため、常に口が開いている状態です。しっかりと噛み合わないと力が入らないためスポーツなどに支障があります。また、口の中が乾燥するため衛生的にもよくない症状です。

偏位(咬み合せのずれ)

上下の噛み合わせはだいたいお互いの真ん中が合っていること理想です。歯並びが極端に悪いことで左右どちらかに偏っていることがあります。噛み合わせの悪さは顎の角度にも影響するため、極端な場合は、顔が曲がったように見えることがあります。

最新のマウスピース矯正ならどのような歯並びでも整えられる

従来から行われている表側矯正では抜歯をするような症例では適用することができません。でも、八重歯など矯正だけでは難しい症例では抜歯した方が適切な場合もあります。また、著しくずれているような場合もワイヤーでの矯正には限界があります。インビザラインなどの最新のマウスピース矯正ならそのような難しい症例にも対応することができます。